マイティ・ソー バトルロイヤル!

 

 

さっそくマイティ・ソー バトルロイヤル見てきましたよー!

今回もまた記録と記憶として感想を書いておきます!
ネタバレありありの個人的感想の塊なので気になるかただけ読んでください^^

 

MCUから見る「マイティ・ソー バトルロイヤル」

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)17作品目でありフェイズ3の5作品目。
『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』の続編となるシリーズ第3作。

「マイティ・ソー」シリーズはこの話で一旦終了。
その後はアベンジャーズインフィニティーウォーで登場予定です!

 

原題のサブタイトル「Ragnarok(ラグナロク)」とは
「神々の運命」の意、北欧神話における「世界の終末」を意味する。

ちなみに公開済みフェイズ3のラインナップはこちら。

3-1 シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
3-2 ドクター・ストレンジ
3-3 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/リミックス
3-4 スパイダーマン/ホームカミング
3-5 マイティ・ソー/ラグナロク

 

 

「マイティ・ソー バトルロイヤル」あらすじ

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』から2年。
ソーは宇宙を巡りインフィニティ・ストーンについて調べていた。

その旅の途中で炎の悪魔の国「ムスペルヘイム」で
オーディンが50万年前に倒し従えた炎の王スルトに捕まってしまう。
スルトを倒しアスガルドへ退却したが、ビフレスト(虹の橋)の番人は
スカージ(ロキの部下)に変わっており、ロキが先代王オーディンに化けて王座に就いていた。

 

ソーはロキを連れてニューヨークまでオーディンを探しに来たが
ロキがオーディンを預けた老人ホームは取り壊されていた。
ドクターストレンジからオーディンを助けていた事を告げられ、ノルウェーにて再会。
再会したオーディンにアスガルドへの帰還を促すが
オーディンは息子たちに世界の終末「ラグナロク」が迫っていると警告し、この世を去る。

実はソーには死を司る女神として恐れられるヘラという姉がいた。
アスガルドから力を得るというヘラは余りにも凶暴なため
オーディンはアスガルドのとあるところに幽閉していたが
自分が死ねば彼女が解き放たれてしまうという。

オーディンがこの世を去り、ほどなくして解き放たれたヘラがソーとロキの前に現れる。
ヘラはソーが投げつけたムジョルニアをたやすく受け止め木っ端微塵に破壊し二人を一蹴。
ロキはビフレストを開きアスガルドへ逃れようとするが
追って来たヘラはビフレスト内で二人を吹き飛ばした。

 

空間を飛び越え辺境の惑星サカールへ落とされたソーはヴァルキリーによって捕らえられ
サカールの統治者グランドマスターに闘士として売られてしまう。

先にサカールへと流れ着いていたロキはグランドマスターに取り入っており
グランドマスターが主催する格闘大会でチャンピオンに勝利すれば
グランドマスターが望みを叶えると聞いたソーはアスガルドへ帰還するため参加したが、
チャンピオンとして現れたのはかつての戦友・超人ハルクだった。

一方、アスガルドではヘラがアスガルドの戦士らを皆殺しにし
保身から膝をついたスカージを処刑人として手下にすると
オーディンの宝物庫の地下に封じられていたフェンリルやかつての兵士を蘇らせた。
そしてアスガルド、ひいては九つの全世界を支配すべく
ヘイムダルが持ち出したビフレストの鍵となる剣を探し始めていた。

 

:::::::::::::::::

 

いやー!もう楽しかった!

今回は監督がタイカ・ワイティティということもありコメディ要素が多く
(とは言っても大爆笑!というよりシュールな笑いのほうが多いんだけど)
いままでのソーやアベンジャーズの世界感を少し変えてくれるような感じ!

面白いところは色々あったんだけど
基本的にアベンジャーズシリーズを見続けてないと分からない笑いが多かったかな?
ソーがハルクにぶんぶん振り回されるシーンでロキが爆笑してたのが最高に面白かったww
(アベンジャーズのあのシーンのあれねw)

いままでのソーは立ち回り難しそうな役どころだったけど(神だし)
いい意味で抜け出せたかなと。
監督センスあるわ。

 

ストレンジは触り部分しか登場しなかったけど
あれからさらに力を付けたのかな?という印象。

ロキは相変わらず裏切りながらも大事な部分では力を貸すし
ほんと良いキャラしてます。憎めない。

ハルクはちょい役かなと思いきや
実質はソーとハルクの主役2頭体制で制作されてましたね。
ウルトロンの時にクインジェットで地球を離れたのでその後どうなったか気になってたんだけど
まさか2年間もバナーに戻れていなかったなんて…

ロマノフを見てやっとこさバナーに戻るのだけど
もう1度ハルクに戻ったらバナーには戻れない気がすると言っていただけあって
ハルクの今後も目が離せないね。
あ、あとハルクの状態で話せるようになってましたね。

 

そしてソーの姉ヘラがめっちゃくちゃ強くて何度も歯が立たない場面があって
その度にトニーたちを呼んでっ!!早く!!と思ったけど
あれはトニーでも無理だわ強すぎる!

こんなに強いヴィランどう倒すんだと思ったら
サーターの王冠を永遠の炎の中に放り込んでサーターを蘇らせアスガルドとヘラを破壊…
アスガルドは木端微塵。うーん、なるほど。
雷の力をさらに開拡したのにソーの力では及ばずか…

しかしヘラが死んだシーンは描かれなかったのがちょっと気になる。
もしかしてまた出てくる?

 

そしてエンドロールの後の次回予告。
地球に行くロキとソーの前に現れる巨大な宇宙船

マーベルスタジオの社長ケビン・ファイギによると
本作でMCUの世界が怒涛に変化し
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー (原題)』へと繋がるらしい
ので
この巨大船はもしやサノス…?
ロキがこそっと奪ったアスガルドに保管されていたインフィニティストーンを奪いに??
なんて色々想像しちゃって次作への期待が止まらない。

インフィニティ・ウォーは2018年の5月(予定)だよね・・・
その前にブラックパンサー(2018年3月1日)
はぁー楽しみが止まらない。

 

 

疑問点が残ったのがあって
「オーディンがなぜ老人ホームに入れられてたかの背景」
「ソーがオーストラリアに住んでいた話」
この2つは映画には描かれてなかったんだよなー日本版だけ無いのかな?
ソーの居候話はYouTubeにあったので見たけど、カットされたのかな?よくわからないや。

あとジェーンとは別れた話。
トニーとペッパーもあれやこれやあったし、まあ元に戻るかな?と思いきや
ジェーン役のナタリーポートマン、アベンジャーズ作品に今後出ない事が決まってるそう…
え、なぜ?なぜ?

ということは本当に別れた設定なのか。
今回出てきた女戦士ワルキューレといい感じに??
それか今回スケジュールが合わず出られなかったシフと??

私的にヒーローには必ずヒロインがいるので
ソーが今後だれと繋がるか楽しみでもあります。
(ジェーンが良いけど)

 

ちなみにグランドマスターの弟はガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのコレクターだよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です