2日目:台湾旅行で外せない中正紀念堂

 

 

絶品小籠包を食べた後はまた観光。

の前に水分補給
この日は真夏日だったのでドリンク無しでは出歩けなーい

特に台湾は湿度が高くむしむししてるので
(太陽カンカン照りで湿度73%とか平気で出してくる)
体感温度は日本でいう夏場の雨上がり…

100%スイカのスムージー

これまんまスイカで本当に美味しかった♡
特に旦那さんがスイカ大好きなので最高に喜んでました^^

確か100元か150元

 

 

 

 

続いてやってきたのは中正記念堂

中正記念堂とは
1975年4月5日に亡くなった中華民国初代総統(蒋介石)に対する哀悼の意を込めて建てられた記念堂。
「中正」とは蒋介石の本名からきています:)

ここは蒋介石を追悼する場であると同時に
中華民国の思想を表現する場ともなっているため
建物それぞれに中華思想を示すアイテムが取り入れられているそう。

台湾の観光にはまずはここ!と言っても過言ではない場所のようです。

遠くから見てもわかる、あまりにもでかい門!!

なにあれー!えー!やばーい!

左を見ると遠くにこれまた巨大な建物!

 

 

遠い、あまりに遠いけど絶対にでかいって分かる…
ごくり。

 

 

門を背に左右をみるとオレンジ色屋根のこれまた大きな建物がドーン!

やばい全部の建物のスケールがでかすぎる・・・
周りの建物が桁違いにでかすぎてリアルに自分が蟻気分

日本では絶対に味わう事のできないスケールがここに・・・ごくり

 

 

本堂の中は蒋介石の像があるとのことで行ってみることに。

ちなみに本堂の前に84段の階段があって
さらに正面にある階段5段を足すと合計89段となり、蒋介石の享年89と一致する設計のようです。

 

この階段を登っていくとこれまたすごい景色が待ってます。

どーん!
近くから見るとさらに圧巻。

人のサイズと比べてみてね
うっかり腰をぬかしそうなくらい本当にでかいよ!

 

 

中に入ると蒋介石のブロンズ像が見えてきました

中はさすがに観光客でいっぱい!

その奥に見えるのが蒋介石のブロンズ像
なんと高さは6.3mあるそう!

 

 

そして極めつけのスケールがこちら

本堂から見下ろした広大な広場

 

ここは宮殿の庭ですか!
良い時期にきたから緑にオレンジの屋根、青い屋根が映えて綺麗ねー

と思ったらどうやらこの色にも意味があるらしく
屋根の瓦の青色(本堂、大門)、壁は白い大理石、そして紀念堂前にあるは中国の伝統的な花壇。
これは「自由、平等、博愛」を象徴し、中華民国の国章でもある「青天白日」を象徴しているんだそう。

たしかにここは自分がイメージする中国っぽい感じなのよね。

 

そして本堂を背に右側にあるオレンジ色の屋根の建物は国家戯劇院(オペラハウス)
左側は国家音楽庁(コンサートホール)なんだとか。ふんふん。

 

 

帰り際大門から見た本堂

ここから見ても本堂の迫力が伝わってくる
それにしてもすごいところだわ…

 

この広大な土地は、清朝、日本統治時代ともに軍が使用していた軍用地跡地だそうで
敷地総面積は25万m²、なんとサッカー場が25個も入ってしまうらしい!
すごー!

ここ本当に来てよかった

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です